できもの退治!

ニキビのケアで大切なのは気にしすぎないこと

肌トラブルの中でもニキビ肌でお悩みの皆さん、毎日のケアはどうしていますか?思春期にはホルモンバランスが安定しない影響でニキビが出やすいですし、女性なら生理前にも多くなるという体質の人も多いですよね。きちんとした皮膚科の病院に行って先生から薬を処方してもらうのが一番ですが、それだけではなく毎日のスキンケアが大切です。洗顔、化粧水、保湿液、ちゃんと毎日やっていますか?化粧水などの市販のものの中には、刺激が強すぎてさらなる肌トラブルを引き起こしてしまうものもあります。ニキビ肌専用の刺激が弱いタイプのものを使ってみましょう。また、こうしたスキンケアにおいて禁物なのは、過剰に気にしてガシガシ洗顔したり、薬をつけすぎたりすることです。刺激を与えすぎるのも、治りは遅くなってしまいます。あまり気にせずに、毎日の肌のお手入れをきちんとして、十分な睡眠をとりましょう。そうすると、気が付いたらいつの間にか肌トラブルもおさまってくるはずです。

正しいケアでニキビ肌とさようなら

お肌のトラブルにもいろいろありますが、ニキビもその代表的なひとつです。原因としては、甘い物や脂っこい物の食べ過ぎ、便秘、寝不足やストレスなど、あるいはホルモンバランスの乱れという事もあります。もちろん、いつも清潔にして未然に防ぐ事が大切ですが、気をつけていてもプツっとできてしまった、という人も多いでしょう。ニキビができてしまった時は、悪化させないために今まで以上にきちんとケアをしなければなりません。年齢やどのような種類かによってケアの仕方は変わってきますが、共通して言えるのは不潔にしないという事です。と言っても、ただやみくもに汚れを落とそうと洗顔時にゴシゴシするような事をしては、返って悪化させてしまいます。洗顔料を泡立てて手のひらで包み込むように、優しくいたわりながら洗い、すすぎはしっかり丁寧にする事が大切です。そして汚れを落とした肌に潤いを与えます。油分が多くてできると思われがちなニキビですが、乾燥すると余計に油分を蓄えようとしてできてしまうのです。日頃の簡単なケアで改善できる事も多いですが、化膿したり痛みを伴うような場合は、早目に皮膚科を受診するようにしましょう。


PAGETOP▲